ホワイトニング 歯磨き粉 おすすめ

ホワイトニング歯磨き粉をお探しの人はこれ

歯の色が白いのは一番いいのですが、
長年にわたる食生活と加齢で歯の色がだんだん黄色くなるものです。
20代ではそうでもないようですが、30代以降の人の歯は普通の歯磨きでは白さを保てないようです。
そこでホワイトニング歯磨き粉を使うことになりますが、その種類は多いので、
どのような点に留意すればいいかを説明します。

 

 

汚れと黄ばみ落とし

当たり前ですが、ホワイトニングというからには、歯の汚れと黄ばみを落とす成分が不可欠です。
したがって、このような成分が含まれていない歯磨き粉は、
たとえホワイトニングというネーミングでも効果は期待できません。

 

歯の汚れや黄ばみを落とすということは、漂白か研磨しかありませんが、
現在国内で市販されているホワイトニング歯磨き粉は研磨タイプです。
研磨とは削ることですが、言い換えれば汚れを分解するとも言えます。
一般に使われている研磨剤の成分は、ハイドロキシアパタイトやシリカですが、
ほかにもポリリン酸ナトリウムやピロリン酸ナトリウム、ポリエチレングリコールなどです。

 

 

研磨剤の粒子

舌で触るとざらざら感がある歯磨き粉の粒子は大きいので、研磨力は強いのですが、
時には強すぎて、歯のエナメル質を傷つける恐れがあります。
エナメル質が傷つくとその下の象牙質が表面化してしまい、黄色くなってしまいます。
また、知覚過敏になることもあります。

 

そこで、おすすめなのは、できるだけ研磨剤成分の粒子が小さいものです。
粒子が小さいと、歯磨きの実感がないかもしれませんが、歯磨きは歯を削るのではなく、
あくまでも歯の表面の汚れを掃除することだと理解しましょう。

 

 

歯磨き粉の値段

ホワイトニングを含めて歯磨き粉の値段はまちまちです。
なお虫歯や歯周病を予防する成分が入っている薬用歯磨き粉もあるので、高いものもあります。
ここで大切なことは、ホワイトニング歯磨き粉は継続して使用することで、
はじめて効果が出るということです。
値段が高いと継続使用ができなくなることがありますから、財布と相談しましょう。

 

 

歯を白くしたい場合の歯磨き粉選び

歯を白くしたい場合には、どんな歯磨きを使うと良いのでしょうか。

 

「歯を白くする」って何?

「歯を白くする」という言葉にも、2通りの意味合いがあります。

 

1つ目は、歯の「表面に付着した色素を取り除く」事です。
そして2つ目は、歯の「中の黄ばみを白くする」事です。

 

1つ目は、食事等が原因で付着した色素成分を除去する事であり、
化学反応を活かして浮かせて除去したり、研磨成分によって除去したりする事になります。

 

2つ目は、歯が元来持っている黄ばみまで含めて除去します。
これは、俗に言う「漂白」ですね。
これは、歯科医院で施される「ホワイトニング」であり、
専用の薬剤を用いる事になります。
海外では漂白効果のある歯磨き粉等の道具もありますが、
国内では漂白効果のある歯磨き粉等は認可されていないので、入手できません。

 

ですから、セルフケアの場合は「色素を取り除いて」白くしていく事になります。

 

歯磨き粉の選択方法

色素を取り除く作用がきちんとあるという事は大前提です。
それに加えて、次のようなポイントもチェックしてみて下さい。

 

刺激が少ないものを

大半のホワイトニング歯磨き粉には研磨成分が入っていますが、
これは歯茎や歯にダメージを与える成分でもあります。
ですから、刺激が小さいものを選んでダメージを抑えましょう。

 

可能な限り、研磨成分があまり入っていない、
化学反応の力で色素を浮かせるタイプの歯磨き粉を選びましょう。

 

再石灰化を促す効果が高いものを

歯が自分で回復する働きの事を「再石灰化」と呼びます。
この働きによって、色素や汚れが付着しにくくなります。
虫歯の防止ができますし、軽い虫歯なら再石灰化の力だけでも治ります。

 

フッ素入りのものを

フッ素には口内の雑菌を殺す効果があり、それがメインです。
ですが、歯の周りをコーティングする効果もあるので、
色素を歯に直接触れにくくしてくれるという働きも期待できます。
ホワイトニング 歯磨き粉 ランキング

更新履歴