犬の無駄吠え対策

夜鳴きの吠え癖対策とは?

犬は夜にさみしくなると「夜鳴き」をしてしまう事があります。
子犬の方が夜鳴きはしやすいですが、周囲の環境が突然変わった折などには、
成犬でも夜鳴きをするケースが増えるようです。

 

 

■夜鳴きは放置しておく
環境が許すのであれば、基本的には放置しておきましょう。
この折、むやみに優しくすると「鳴けば構ってくれる」と判断してしまって、
より一層夜鳴きをするようになってしまう可能性が高いです。

 

とにかく、知らんぷりをしましょう。

 

 

■夜鳴きをさせないためにはどうするか?
まずは、ケージの中の状態を良くしてあげましょう。
ケージの中だと独りきりになってさみしくなるので、
ケージにその犬のお気に入りのおもちゃ等を入れてあげると良いでしょう。
すると、さみしさが大幅に減るはずです。

 

そして、犬は暗いのが苦手なので、電気をほんのり付けておいた方が無難です。

 

それ以外にも、部屋の温度がちょうど良いか確認したり、
ケージが狭すぎないか見たり、トイレシーツが
きちんと設置しているかチェックしたりなど、色々と気を配りましょう。

 

 

■音楽療法も良い
イージーリスニング等のリラックス効果のあるBGMを流し続けていると、
夜鳴きが消える事があります。犬の聴力は人間とは比べ物にならないほど優れているので、
音の大きさは最小でOKです。

 

 

また、飼い主に対して依存する気持ちが大きいと夜鳴きが増える傾向にあります。
ですから、犬が小さい頃から独り切りにさせる時間を作って、
飼い主が近くにいない環境への耐性を付けさせるようにしましょう。

 

ただし、夜鳴きの原因が病気にあるケースも稀にありますので、
どうしても夜鳴きが消えないのであれば、診療所で診てもらいましょう。