ホワイトニング 歯磨き粉 おすすめ

ホワイトニング歯磨き粉の成分

ここでは、ホワイトニング歯磨き粉の主な成分を紹介していきます。

 

研磨剤

大半のホワイトニング歯磨き粉に入っています。

 

これがタバコのヤニ、色素汚れのステイン、歯垢等を除去してくれます。
原則、これらだけを磨いて除去できる成分が使われています。

 

ヒトの歯のエナメル質は大変硬く、
研磨成分として重宝されている、リン酸水素Na、ヒドロキシアパタイト、
重質炭酸Ca等では、歯のエナメル質を磨く事は可能ですが、削る事は不可能です。

 

つまりは、ホワイトニング歯磨き粉の研磨成分によって、
歯が薄くなったり削れたりする事はほぼないと言えますので安心です。

 

発砲剤

これも重要な成分です。

 

歯磨き粉を泡立たせて、口内に歯磨きをまんべんなく送り込む効果があります。
それによって、抗炎症作用や殺菌作用がまんべんなく発揮されるのです。

 

歯茎をダイレクトに磨く事はあまりないと思いますが、
泡が歯茎に付くので、効果はきちんと発揮されます。

 

虫歯予防成分

ホワイトニング歯磨き粉を使うにしても、
歯磨きの意味は基本的には「虫歯を防ぐ」という事です。
ですから、虫歯や歯周病を防ぐ成分も入っています。

 

虫歯のための成分としてはフッ素や、フッ化ナトリウム。
歯肉炎や歯周病とための成分としては、サリチル酸メチル、
β-グリチルレチン酸、酢酸トコフェロール等が入っているケースが大半です。

 

ホワイトニング成分

もちろん、ホワイトニング成分も入っています。
ポリエチレングリコールやポリリン酸Na等が入っている事が多いです。
ポリリン酸Naは歯科医院でも用いられている成分です。
ただ、安全面を考慮して低濃度になっています。

 

ちなみに、国外の歯磨き粉には漂白成分である過酸化水素が入っているものもあります。
ブリアン 口コミ